■危険物取扱者丙種~引火点、発火点

■引火点と発火点

■引火点 … 可燃性液体の液面付近の可燃性蒸気の濃度が、燃焼下限値に達したときの液体の温度

■発火点 … 空気中で可燃物を加熱したときに、点火源が無くても発火し燃焼するときの最低の温度

【確認テスト】

ある引火性液体の性質は、引火点-40℃、発火点約300℃、燃焼範囲は1.4vol%~7.6vol%である。

【設問①】液体の温度が-40℃の時の液面付近の蒸気の濃度は7.6vol%である。(〇・×)

【設問②】液体の温度が約250℃の時、点火源が無くても発火する。(〇・×)

【設問③】液体の温度が約400℃の鉄板の上にガソリンを落とした時、点火源が無くても発火した。(〇・×)

 

【答】【設問①】× (正)液温-40℃は引火点なので、蒸気の濃度は1.4vol%(燃焼下限値)

【設問②】× (誤)約250℃   (正)約300℃(発火点)

【設問③】〇

危険物取扱者丙種トップ>>

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。