第27講★★★ここは出る!! 電線の太さと許容電流

電気工事士2種筆記試験対策 試験に出るところをズバリ解説!!

電線を電線管に収めた場合の許容電流を求める問題が頻繁に出ております!

電線に流れる電流が大きくなると、電線が発熱して火災につながる危険があります。

そこで、電線の太さに応じて、電線に流すことのできる最大の電流を設定しています。

これが、電線の許容電流です。表の許容電流の数値を覚えてください。

電線の許容電流①

〇電線の電流減少係数

電線管内の電線は熱が逃げにくいため、発熱の危険が大きくなります。

そのため、許容電流を低く設定する必要があります。

そこで、電線の許容電流に電流減少係数を掛けた値を許容電流としています。

表の電流減少係数の数値は覚えてください。

電線の許容電流②

表示6

<<<<第26講     第28講>>>>

表題2

  “電線の太さと許容電流の講”においてテキストでは、この講の内容+過去問4問を掲載しています。

重要問題な箇所ですので、実力アップのためお買い求め下さい!!

宣伝⑵

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。