第5講 コンセント回路

トップ  複線図の書き方>コンセント回路

【5】コンセント回路

電気工事士試験で「複線図を制するものは、電気工事士試験を制する」といわれるほど、電気工事士試験の勉強で複線図の書き方は重要です。
ここでは、配線図を読むために必要な『コンセント回路』について説明します。
東野圭吾さんの小説のように軽快に読み流すことができます。

 

コンセント回路の単線図は、次の図のようになります。

電源とコンセントを1本の線で結んだものです。

コンセント回路 単線図

これを複線図に直すと、次の図のようになります。

電源とコンセントを白と黒の2本の線で結びます。

このとき、

電源の接地側Nに白線を、電圧側Lに黒線を結線し、

コンセントの接地側Wに白線を結線します。

複線図 コンセント回路

コンセントには極性(接地側、非接地側)があるので、

誤配線をしないように気を付けてください。

実体配線図は次の図のようになります。

複線図 コンセント回路 600Vビニルシースケーブル

◎コンセントが2つ並んだ場合の複線図

次の図のようにコンセントが2つ並んだ場合の単線図を

複線図に直す問題が出されています。

ダブルコンセント

右側に2と表記しているコンセントは、2口コンセントで、

ダブルコンセント又は埋込形コンセントを2つ合わせたものです。

複線図は次の図のようになります。

 ダブルコンセント 複線図

2口コンセントにダブルコンセントを用いた場合

の電気配線は、次の図のようになります。

ダブルコンセント

裏面

ダブルコンセント

 

やさしく入門宣伝

 

【問題】

次の単線図を複線図に直してください。

ダブルコンセント 単線図

【答】

複線図 ダブルコンセント

まとめ

コンセントは、黒線をL(電圧側)に、白線をNまたはW(接地側)に接続する。

 

 

電線のページ                電灯点滅回路のページ▶

ページの先頭へ