危険物取扱者丙種~指定数量の計算問題

■指定数量の計算問題は必ず1問出題される

危険物取扱者の試験は、指定数量に関する計算問題が、「危険物に関する法令で」必ず一問出題されます。

危険物取扱者丙種の試験では、

「A、B、C、Dの危険物を同一場所で貯蔵する場合、指定数量の何倍か?」という形でよく出題されています。

次の式に当てはめることにより、求めることができます。

指定数量の計算①

 

【例題】次の危険物を同一場所で貯蔵する場合、指定数量の何倍か?

ガソリン … 100L     灯油 … 500L

重油 … 1000L    ギヤー油 … 3000L

 

【答】

指定数量計算例①

指定数量計算例2

🍒各危険物の指定数量については以下の表を参照してください。

第4類の危険物 ⑴

■【確認テスト】

次の危険物を同一場所で貯蔵する場合、指定数量の何倍か?

重油 … 2000L     シリンダー油 … 3000L

① 0.5倍    ② 1倍   ③ 1.5倍   ④ 2倍

 

【答】

指定数量の計算③

>>>危険物取扱者丙種トップ

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。