危険物取扱者丙種~消防法上の危険物

■消防法上の危険物

『法別表の品名欄に掲げる物品で、同表に定める区分に応じ同表の性質欄に掲げる性状を有するもの』をいいます。

消防法令上の危険物

※液体とは、1気圧20℃で液体であるもの又は20℃を超え40℃以下の間で液体であるもの。

固体とは、液体または1気圧20℃で気体以外のものをいう。

■【確認テスト①】

危険物は、第一類から第六類までに分類される。(〇・×)

 

【答】〇 (危険性の順に第一類から第六類までに分類されると書いてあれば×)

 

■【確認テスト②】

法で定める危険物は、常温(20℃)において固体、液体、気体のものがある。(〇・×)

 

【答】× (誤)常温(20℃)において固体、液体、気体  (正)常温(20℃)において固体、液体)

 

■【確認テスト③】

第四類の危険物は、酸化性液体である。(〇・×)

 

【答】× (誤)酸化性液体  (正)引火性液体

危険物取扱者丙種トップ>>

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。