消防設備士乙6類通信講座の紹介②~消火薬剤と適応火災

消防設備士乙6類~適応火災の絵表示🍀

火災の種類により、A火災、B火災、C火災に分けられます。

🍀A火災(普通火災)…普通の可燃物の燃焼による火災(紙、木材など)🍀

紙類

■A火災の絵表示

A火災

🍀B火災(油火災)…石油類や可燃性液体類などの燃焼による火災🍀

油火災の絵

■B火災の絵表示

B火災

🍀C火災(電気火災)…電気設備による火災🍀

モーターなど

■C火災の絵表示

C火災

🍀A、B、Cそれぞれの火災の絵表示などを消火器本体に表示することが義務付けられています。

火災のの絵表示

消防設備士乙6類~消火薬剤と適応火災🍀

消火器は大きく分けて、水、泡、ガス、粉末に分けられ、それぞれに適応する火災も変わってきます。

🍀普通火災は、ガスと炭酸水素塩類には適応しません。

普通火災に適応

🍀油火災は、水には適応しません。

油火災に適応

🍀電気火災は、棒状の水と泡には適応しません。

電気火災に適応

🍀消防設備士乙6類通信講座🍀

ストア用③

6800円(税込 送料400円) テキスト(A4判 42ページ) レポート問題集3冊

ご購入ボタン

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。