消防設備士乙6類 問題集をチョットだけ~消火器の表示

消火器を見かけても、使ったことがある方は少ないのではないでしょうか?

複雑な操作でなくても、いざ火事に遭遇するとどうしてよいのか迷ってしまいます。

消火器本体には、いくつかの表示すべき事項が規格省令で定められています。

その中の一つに「消火器には使用方法を表示しなさい」という事項があります。実際、消火器を見ると「使用方法」が図示されていました。

万が一火災が起こった時には、ここに書かれている手順を守って、素早い対応を心掛けたいものです。

_1040118 (2)

さて、消防設備士乙6類の試験で、『消火器の表面に表示すべき事項』に関する問題が出題されています。

今回作成中の問題集の中に、以下に示す問題を掲載しています。

消火器の表示

この問題は、テキスト「消防設備士乙6類重要事項のまとめ」の「消火器に表示すべき事項」を読むと、“へ”の“電気火災(C火災)に対する能力単位の数値”が規格省令上定められていないことが分かります。

尚、テキストの「消火器に表示すべき事項」の内容は以下のようになっています。

消火器に表示すべき事項

消火器の表示⑵

受かる「消防設備士乙6類通信講座」を行っています。

最安!!しかも分かりやすい!!

【教材】

●オリジナル使用テキスト 「消防設備士乙6類重要事項のまとめ」IBSNコード ISBN978-4-9909984-1-7

A4版 42ページ 写真フルカラー

テキスト見本>> 消防設備士乙6類重要事項のまとめ 

●レポート問題集 B5版 〇機械17問 〇法令32問 〇消火器の構造、機能18問 〇消火器の規格18問 〇実技8問

●消火器の部品と器具の写真 2ページ

レポート提出 3回

受講料 5400円(税込み、送料別)…2018年3月末まで

_1040176

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。