第10講 渡り線のある回路

【10】渡り線のある回路 (電気工事士試験で重要)

渡り線のある回路は、電気工事士試験の技能試験では特に重要です。

電気工事士試験で、スイッチとコンセントが同じ枠に入っている場合など、同じ枠内にスイッチやコンセントなどの器具が2つ又は3つある場合は渡り線を使います。

次の図の場合は、コンセントとスイッチを渡り線でつなぎます。

コンセント スイッチ

次の図が埋込形コンセントと埋込形片切スイッチの裏側の図です。

コンセント スイッチ 結線方法

コンセントには電圧側の差込口(端子)が2つあります。どちらか一方(どちらでもよい)に黒線を差し込みます。

また、接地側の差込口も2つあり、接地側の印であるWの表記がされています。このどちらか一方(どちらでもよい)に白線を差し込みます。

【5】のコンセント回路の応用でコンセントを2つ繋げたように、コンセントの電圧側のもう1つの差込口と、スイッチの差込口をつなげば、スイッチの方へ電気が流れるというわけです。

このコンセントとスイッチをつなぐ線を渡り線といいます。

 

注意事項は、

⑴渡り線は、電圧側から取ってください。

⑵渡り線は、黒線を使用してください。

 

実際の例を次の単線図を基に説明します。

スイッチ“イ”を入切して、引掛シーリング“イ”に取り付けた照明器具を点滅させます。

渡り線のある回路 単線図

以下は複線図の作成手順です。

【手順1】

電源、器具、電線を配置します。

渡り線のある回路 複線図の書き方

【手順2】

器具と電線を結線します。

ここで、コンセント、スイッチと電線の結線は次の順番で行います。

①コンセントと電線を結線します。

【注意】  コンセントの電圧側は黒線を 接地側Wは白線を結線します。

渡り線のある回路 複線図の書き方

②スイッチへ入る線を結線します。このとき、渡り線を使います。

【注意】渡り線は黒線を使ってください。

 渡り線のある回路 複線図の書き方

③スイッチから出る線を結線します。

【注意】スイッチから出る線は赤線となります。

渡り線のある回路 複線図の書き方

➃電源と電線、引掛シーリングと電線を結線します。

渡り線のある回路 複線図の書き方

【手順3】

単線図を見て、電源の電圧側から追った電気の通る道筋を把握します。

⑴コンセント回路の道筋

渡り線のある回路 単線図  ⑵スイッチ回路の道筋

 渡り線のある回路 単線図

【手順4】

手順3で書いた矢印に従って線を結線していきます。

⑴コンセント回路の結線

渡り線のある回路 複線図の書き方 ⑵スイッチ回路の結線

渡り線のある回路 複線図の書き方 ジョイントボックスを書くと完成です。

渡り線のある回路 複線図の書き方

スイッチ、コンセントの配線例は次の図のようになります。

渡り線のある回路 結線方法

配線は、次のようにつないでも問題ありません。

渡り線のある回路 結線方法

渡り線のある回路 結線方法

また、複線図で次のようにスイッチ→コンセントで渡り線を出しても問題ありません。

渡り線のある回路 複線図

 複線図の書き方トップページ▶

電工ストア

【問題】

次の単線図を複線図に直してください。

渡り線のある回路 単線図

【答】複線図例

渡り線のある回路 複線図

◀コンセント+電灯点滅回路    コンセント+電灯点滅回路2つの複合回路▶