第8話【家庭の電気】100円ショップでLED電球が300円!! 白熱電球とのちがいは?

こちらは100円ショップ ダイソーさんで売っていたLED電球です。

ナント300円!白熱電球は100円で売っていましたから、値段は200円しか違いません。

これはお得かも…

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%bc%e9%9b%bb%e7%90%83led

それでは、白熱電球とLED電球でどのような違いがあるか表にまとめてみました。

(※ダイソーさんで売られている40W白熱電球と、40W相当のLED電球の仕様表を基に作成)

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%bc%e9%9b%bb%e7%90%83%e6%af%94%e8%bc%83%e8%a1%a8

ここで、ルーメン値は明るさの目安を表す値で、ルーメン値が大きいほど明るいことを

示します。

表より、LED電球は寿命が長く消費電力が小さいことがわかります。

即ち“消費電力が小さい=電気をあまり使わなくて済む=電気料金が少なくて済む”

ということが言えます。

電球を1カ月50時間使った場合の白熱電球とLED電球の電気料金を比較すると、

表のようにLED電球の方が1カ月44円お得となります。

さらにLED電球を交換する頻度は、800カ月に1回ということで、イスなどを持って来て

電球を取り換える必要が極めて少ないといえます。

最後に、“家庭の電気  第6話 電気用品を買うときはココを確認!!”のところで解説した

電気用品を買うときのマークを確認すると☛

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%bcled%e8%a1%a8%e7%a4%ba

ありました!!これで安心して電球が買えますね。

【白熱電球→LED電球に取り換える場合の注意】
●60Wの白熱電球を取り換える場合は60W相当のLED電球に取り換えるなど、ルーメン値が取り換える
 前より小さくならないか確認してください。
 例えば、60Wの白熱電球を取り換える場合は60W相当のLED電球に取り換えると周囲が暗くなります。
お風呂場などの密閉器具に取り付ける場合は密閉器具対応と表記しているものを使用してください。
 写真のLED電球は密閉器具対応となっておりません。
調光機能の付いた照明器具には使用しないでください。

【電気工事士を受けられる方はこちらの問題にチャレンジ】

(問) 60Wの白熱電球を1か月で6000[min](6000[分])使用した場合の電力量[kW・h]は?
① 0.5 [kW・h]
② 6 [kW・h]
③ 3 [kW・h]
➃ 2 [kW・h]
(答) 60[W]=60/1000=0.06[kW]
6000[min]=6000/60=100[h]
∴電力量は、0.06[kW]✕100[h]=6[kW・h] で ②が正しい。

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。