■危険物取扱者丙種~燃焼理論

■ 燃焼理論

危険物取扱者丙種は、ガソリン、灯油など特定の危険物において、取り扱いと定期点検ができます。
危険物を取り扱うためには、

燃焼とはどういうものか?」「どのような条件が揃うと燃焼が起こるのか?

を知っておくことはとても大事なことです。

(1)燃焼とは?

ある物質が酸素と結合することを酸化といいます。

ここで、物質が酸化するとき発熱と発光を伴うものがあります。

この発熱と発光を伴う酸化反応を燃焼といいます。

(例)ガソリン、灯油の燃焼など。

【注意】

鉄がさびるのは、鉄が酸素と結合して酸化鉄という物質になるので酸化反応ですが、

酸化するときに、発光を伴わないので燃焼とはいいません。

>>>参考ホームページ「鉄はどうしてさびるの」

■【確認テスト①】

燃焼とは、発熱と発光を伴う還元反応である。(〇・×)

【答】

×  (誤)還元反応  (正)酸化反応

■【確認テスト②】

鉄がさびるの、酸化反応である。(〇・×)

【答】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(2)燃焼の三要素

大きな地震が発生すると、広い範囲で停電が起こりやすくなります。

ここで、停電中に避難する前には「ブレーカーを落としましょう」ということが呼び掛けられます。

例えば、避難している間に停電が復旧したとき、電気ストーブが通電状態であれば、ヒーターの部分(点火源)に、燃えやすい物(可燃性物質)が接触して火災(燃焼)が発生します

ブレーカーを落として避難すれば、停電が復旧しても電気製品へ電気が行かないので、電気による火災に関して安心できます。

>>>参考ホームページ「通電火災について」

 燃焼は、以下の3つ要素が揃うと発生します。(燃焼の三要素)

燃焼とは?

■【確認テスト③】

燃焼の三要素(可燃性物質、酸素供給体、熱源)のうち、一つでも揃わないと

燃焼が発生しない。(〇・×)

【答】

■【確認テスト④

ガソリン、二酸化炭素、電気火花は燃焼の3要素を満足している。(〇・×)

【答】

 ×   (誤)二酸化炭素  (正)酸素(空気)

二酸化炭素は、炭素を完全燃焼させたときに生じる物質です。

危険物取扱者丙種トップ>>

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。