第1講 ★★★電線の電気抵抗① 

トップ筆記試験(一般)>電線の電気抵抗①

バナー「受かる教材」

計算問題で電線の電気抵抗は、必ず1題出る

電線は細いほど電気が流れにくく、抵抗も大きくなります。

道路に例えると、同じ交通量でも片側1車線の道路では混雑するのに対し、

片側3車線になると車の流れがスムーズになりますね。

電線も同じで、

電線が太くなると抵抗が小さくなり、電流が流れやすくなります。

また、

電線が長くなると抵抗が大きくなり、電流が流れにくくなります。

電線の電気抵抗をR、長さをL、断面積をA、抵抗率をρとすると、電線の抵抗は次式となります。

電線の抵抗

電線の抵抗2

 

 

 

 

 

 

ここで、抵抗率ρは電線の材質によって違います。

以下に例題を用意しておりますので、ご確認ください。

%e9%9b%bb%e7%b7%9a%e3%81%ae%e6%8a%b5%e6%8a%97%e2%91%a0

%e9%9b%bb%e7%b7%9a%e3%81%ae%e6%8a%b5%e6%8a%97%e2%91%a1

また、長さがb倍すると抵抗がb倍することも覚えておいてください。

 

第2講  電線の電気抵抗②

ページの先頭へ


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/okhp/xn--3kqu6wf5dkyrts4c.jp/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。