第30講★★★配線設計 分岐回路の過電流遮断器の設置

電気工事士2種筆記試験対策 試験に出やすいところをズバリ解説!!

🔶ここは出題される可能性が非常に高いです。29年上期新問題の解説あり!!

過電流遮断器とは、電線に許容値を超える電流が流れると自動的に電気の流れを遮断する働きをするもので、ヒューズと配線用遮断器があります。

ここでは、分岐回路における過電流遮断器の設置に関する問題がよく出されています。

分岐回路の電線の許容電流をIとすると、

分岐回路の過電流遮断器の設置①

分岐回路の過電流遮断器の設置②

分岐回路の過電流遮断器の設置 差し替え

分岐回路の過電流遮断器の設置➃

🔶29年上期新問題の解説

※29年上期で“分岐回路の過電流遮断器の位置”を問う問題が出題されています。今後この傾向の問題も出題されると思われますので、紹介します。
問10-1

問10-2
表示6

表題2
“分岐回路の過電流遮断器の設置の講”においてテキストでは、この講の内容+過去問1問を掲載しています。是非お買い求めください。

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。