第31講★★★配線設計 分岐回路の設計(電気工事士試験で重要)

トップ 筆記試験(一般)>分岐回路の設計

バナー「受かる教材」

ここは、ほとんど毎回出題されています。

以下の2項目について覚えてください。

①分岐回路で、定格電流が20Aの配線用遮断器を使用する場合は、太さ1.6mm以上の電線を使用し、

コンセントは定格20A以下のものを使用する。

②分岐回路で、定格電流が30Aの配線用遮断器を使用する場合は、太さ2.6mm以上又は5.5mm以上の電線を使用し、

コンセントは定格20Aか30Aのものを使用する。

図にまとめると以下のようになります。

分岐回路の設計①分岐回路の設計②

分岐回路の設計③

 

第30講 分岐回路の過電流遮断器の設置       第32講 漏電遮断器と配線用遮断器

 

ページの先頭へ

 


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/okhp/xn--3kqu6wf5dkyrts4c.jp/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。