第31講★★★配線設計 重要!!分岐回路の設計

電気工事士2種筆記試験対策 試験に出るところをズバリ解説!!

ここも出題される可能性が非常に高いです。是非ご覧になってください。

以下の2項目について覚えてください。

①分岐回路で、定格電流が20Aの配線用遮断器を使用する場合は、太さ1.6mm以上の電線を使用し、

コンセントは定格20A以下のものを使用する。

②分岐回路で、定格電流が30Aの配線用遮断器を使用する場合は、太さ2.6mm以上又は5.5mm以上の電線を使用し、

コンセントは定格20Aか30Aのものを使用する。

図にまとめると以下のようになります。

分岐回路の設計①分岐回路の設計②

分岐回路の設計③

表示6

<<<<第30講     第32講>>>>

表題2

  “分岐回路の設計の講”においてテキストでは、この講の内容+過去問2問を掲載しています。是非お買い求めください。

宣伝⑵

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。