第33講★★★リングスリーブによる電線の接続

電気工事士2種筆記試験対策 試験に出るところをズバリ解説!!

電線を接続する方法としてよく用いられるのが、リングスリーブによる接続です。

これは、心線をリングスリーブに差し込み、リングスリーブ用の圧着工具で圧着します。

ここで、心線の直径や差し込む心線の本数によって、圧着マーク(刻印)やリングスリーブの大きさが変わります。

この圧着マーク(刻印)やリングスリーブの大きさについて問う問題がよく出題されています。

表にまとめていますので、覚えてください。

リングスリーブによる電線の接続①リングスリーブによる電線の接続②

 

◀第32講 漏電遮断器と配線用遮断器     第34講 電線接続後の終端処理方法▶

電工試験STORE

 

ページの先頭へ

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。