第36講★★★接地工事と接地抵抗値

電気工事士2種筆記試験対策 試験に出るところをズバリ解説!!

ここは、配線図の問題で1問出されますので、注意が必要です。

接地工事とは、感電、火災、機器の損傷を防ぐため、機器や電路を大地と接続する工事のことをいいます。

接地工事はA、B、C、D種があって、電気工事士2種で出題されるのはC種とD種です。

C種、D種接地工事の接地抵抗値と接地線の太さ(直径)を覚えてください。

接地抵抗値①接地抵抗値②

接地抵抗値③

28年下問20

接地抵抗値➃

表示6

<<<<第35講     第37講>>>>

表題2
宣伝⑵

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。