【配線図❷】複線図例題①

電気工事士試験   2種筆記試験対策 試験に出るところをズバリ解説!!

第51講の冒頭でも述べましたが、一般問題の以下の講は配線図の問題でもよく出題されていますので、確認しておいてください。

・第33講 リングスリーブによる電線の接続

第36講 接地工事と接地抵抗値

第39講 絶縁抵抗、

・第46講 電気工事使用する主な工具

・第47講 低圧屋内配線の図記号

・第49講 鑑別問題

・第50講 配線図記号

次に、単線図を複線図に直す問題について例をあげて解説します。

例題スイッチ 1

例題スイッチ 2

例題スイッチ 3

例題スイッチ 4

<<複線図の書き方第10講 渡り線のある回路

例題スイッチ 5

例題スイッチ 6

例題スイッチ 7

例題スイッチ 8

例題スイッチ 改9

 

例題スイッチ 10

電気工事士2種筆記試験配線図 出張解説のご案内(岡山、香川近郊)

岡山県、香川県、愛媛県東部、広島県東部で筆記試験配線図の部分を中心に出張して解説します。
ここは一人で勉強するには分かりにくく、なかなか前に進まない所ですので、是非ご活用ください!!

一回5000円程度、出張費2000円程度を考えております。

ご希望の方または話を聞いてみたい方は、下記に必要事項をご記入の上送信していただければと思います。
お気軽にどうぞ!!

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。