通電火災について~避難する前にブレーカーを落とす

大規模な地震に伴う停電で避難する前に、ブレーカーを落としましょう

●通電火災とは

今回の北海道胆振東部地震では、広い範囲で停電が発生しました。
この時、避難する前には「ブレーカーを落としましょう」ということが呼び掛けられていました。

これは、避難している間に電気が復旧したとき、

■電気ストーブやオーブントースターなどのヒーターの部分に、燃えやすい物が接触して火災が発生する。

■地震で家具などが電気器具のコードの上に倒れ、コードが短絡(ショート)してそれが原因で火災が発生する。

ということが起こる可能性があるからです。
電気が復旧(通電)したときに起こる火災で、「通電火災」といいます。

通電火災①

●日常においてブレーカーの位置を認識しておく

日常生活で、家のどこにブレーカーがあるのか認識しておく必要があります。

地震に伴う停電で避難する前には、大きなブレーカーを落してください。(ブレーカーを切にする)

写真のものは、漏電ブレーカーと呼ばれるものです。

通電火災③

■電気が復旧したら…

以下のことを確認してブレーカーを入れます。

■電気ストーブやオーブントースターなどのヒーターの部分に、燃えやすい物が無いか確認しする。

燃えやすい物があったら取り除いてください。

■電気器具のコードが損傷していないか確認する。

電気器具のコードが損傷している場合は、電気器具のプラグ🔌をコンセントから抜いてください。

■人に代わってブレーカーを落としてくれる感震ブレーカー

ブレーカーは高い位置にあるので、地震が起きている最中に脚立を持ってきてブレーカーを落とすのは困難ですね。
真っ暗な状態であれば、なおさら操作が困難です。

そこで、人に代わってブレーカーを落としてくれる感震ブレーカーという便利なアイテムがあります。

こちらのサイトで紹介しております。

ただし、電気工事の必要なものは電気屋さんに相談依頼してください。
>>>感震ブレーカー

また、神戸市のサイトでも紹介してされておりますので、ご覧になってください。

>>>通電火災について(神戸市)

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。