第1講 これなら分かる!!配線図

【1】電気配線と配線図

電気配線は配線図を見ながら行います。

配線図とは、一言でいえば、電源と電気器具を電線でつないだ図です。

配線図には、単線図複線図があります。

単線図は、電気の通り道を一本の線(電線)で表したもので、

複線図は、電気の通り道を複数の線(電線)で表したものです。

電源、(電気)器具、電線で構成されています。

単線図…電気の通り道を一本の線で表したもの

単線図

                                                

 

複線図…電気の通り道を複数の線で表したもの

複線図

                      

それぞれの特徴は、

単線図

・器具と配線のつながりが簡潔で分かり易い。

・電気配線するとき、電線の接続が分かりにくい。

 複線図

・大きな図面の場合は複雑で分かりにくい。

・電気配線をするときは必要となる道具である。

単線図と複線図の関係は、地図を見ながら道筋を書き、それに従って歩くのと似ています。

地図を単線図、道筋を複線図と置き換え、単線図(地図)を見ながら複線図(道筋)を書き、複線図を見ながら電気配線をしていくのです。

単線図

地図を見る=単線図を見る

 

複線図

道筋を書き道筋に従って歩く

  =複線図を書き、それに従って配線する

 まとめ

・電気配線は、配線図を見ながら行う。

 ・配線図は、単線図と複線図がある。

 ・単線図は一本の線で、複線図は複数の線で表したものである。

 ・単線図を複線図に直し、それを見ながら電気配線を行う。

 

それではまず、配線図の3本柱である、電源電線電気器具について説明し、それから複線図の基本パターンの説明をして、色々な複線図の書き方を紹介していきます。

【問題】

次の配線図は単線図ですか?複線図ですか?

複線図

 

 

 

 

 

 

 

 

単線図

【答】

⑴複線図

⑵単線図

複線図の書き方トップページ▶

      電源のページ▶

電工ストア