金属管工事の練習におけるロックナットの外し方

電気工事士技能試験の金属管工事の練習後、アウトレットボックスからボックスコネクタを外そうとした時に、ロックナットが回らない場合があります。
そのような時は、

ロックナットのくぼみの部分にマイナスドライバーをあてて

マイナスドライバーのお尻の部分をハンマーで軽く左方向へ叩くと、

ロックナットが緩みます。

この時、ドライバーは、お尻の部分が金属で出来ている「貫通ドライバー」を使用してください。
潤滑油スプレーをねじ部に塗布すると、ロックナットは回り易くなります。

 

無題

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。