電気工事士「技能試験の概要と注意すべきポイント」2019年度版

電気工事士技能試験の概要と注意すべきポイントの2019年度版が、電気技術者センターより更新されました。

>>「技能試験の概要と注意すべきポイントの2019年度版」

更新された事項は、

■引掛シーリングローゼットの結線方法について … P19

真横から目視して、絶縁被覆が台座の下側から5mm以上露出しているものは欠陥

ケーブルを曲げた場合でも、絶縁被覆が5mm以上露出しているものは欠陥

引掛シーリングローゼットの結線の欠陥

■金属管工事における「ねじなしボックスコネクタ」の止めねじの欠陥について … P13、P34

※「ねじなしボックスコネクタ」に「ねじなし電線管」を挿入した後は、止めねじの頭部が切れるまで締め付けてください。

止めねじを切っていない場合は欠陥となります。

止めねじ欠陥

■ランプレセプタクルと露出形コンセントの結線方法について … P29

絶縁被覆が長すぎてカバーが閉まらない場合は欠陥と判断されますので、注意してください。

尚、技能試験ではランプレセプタクル、露出型コンセントのカバーは配布されません。

ランブレセプタクルの結線の欠陥工事

露出型コンセントの結線

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。