電気工事士のあるある~長さの単位のお話~

電気工事士2種の試験で使われる長さの単位は?

長さを表す単位は色々ありますね。アメリカでは「インチ」「フィート」などが使われています。日本では「尺」「寸」などの昔からの単位を使用する場合もありますが、一般には「ミリメートル」「センチメートル」「メートル」「キロメートル」などがよく使われています。

ここで電気工事士2種の試験で使われる長さの単位は、「ミリメートル」「センチメートル」「メートル」です。「~ミリメートル」は「~ミリ」、「~センチメートル」は「~センチ」と略していうことがよくあります。

記号は、「ミリメートル」が「mm」、「センチメートル」が「cm」、「メートル」が「m」です。

「mm」と「cm」と「m」の関係は図のようになります。

電線篇その④-1

電線篇その④-2

電気工事士2種、消防設備士乙6類合格アイテムの販売をしております。

電工ストア

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。