電気工事士2種技能試験のあるある~シースと絶縁被覆のはぎ取り

■「ホーザン社VVFストリッパーP958」を使ってのビニルシースと絶縁被覆のはぎ取り

電気工事士技能試験の基本作業で最初に覚えるのが、VVFケーブルのビニルシースと絶縁被覆のはぎ取り作業です。

ビニルシースのはぎ取り→絶縁被覆のはぎ取りという順序で作業を行います。

VVFケーブル

ホーザン社のVVFストリッパーP958の動画がありますので、見ながら実際作業を行ってみてください。

●材料 600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形 1.6mm 2心  …… 30mで2,800円位

ビニルシースと絶縁被覆のはぎ取り(ホーザン社の動画)  …… 「のの字曲げ」の前までご覧になってください。

【動画のポイントの解説】

ホーザン社ケーブルストリッパーP956で説明しています。ご了承ください。

●工具を握る正面の刃の部分に色を変えてマーキングすると、握る方向も分かり作業がやりやすいです。

握り方

シースのはぎ取り方

絶縁被覆のはぎ取り方

●電気技術者試験センターから、「技能試験の概要と注意すべきポイント」という冊子が出ています。
これは合否を決める重要な事項が含まれていますので、是非印刷してご活用してください。

もしご覧になれなかったり、印刷することが困難な場合は、本サイトの「お問合せ」によりご相談ください。

 >>「技能試験の概要と注意すべきポイント」

■ビニルシースと絶縁被覆のはぎ取り作業の欠陥の例

「技能試験の概要と注意すべきポイント」P18 をご覧ください。

<<<<練習用材料のページ      ランプレセプタクルの結線のページ>>>>

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。