電気工事士2種筆記試験 29年度上期問2~問5の解説

電気工事士2種筆記試験 29年度上期問2~問5の解説を行います。

問2は、平成26年度上期問3の数値違いで、“第11講 抵抗と誘導性リアクタンスの合成回路”を勉強された方は正解できました。

<<第11講 抵抗と誘導性リアクタンスの合成回路

問2

問3は、平成27年度上期問3と同一問題で、“第2講 電線の電気抵抗②”を勉強された方は正解できました。

<<第2講 電線の電気抵抗②

問3

問4は、平成27年度上期問4と同一問題で、“第10講 力率の改善”を勉強された方は正解できました。

<<第10講 力率の改善

問4

問5は、平成25年度上期問4と同一問題で、“第15講 スター結線で断線した場合”を勉強された方は正解できました。

<<第15講 スター結線で断線した場合

問5-1

問5-2

問5-3

まだ買っていない方は、テキストをお買い求めください!!

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。