電気工事士2種筆記試験 平成29年度上期問10の解説

電気工事士2種平成29年度下期筆記試験は、9月30日に行われます。

受験対策は、当サイトの第1講 電線の電気抵抗①から読んでいただくようお願いします。

<<第1講 電線の電気抵抗①

さて、本日は、電気工事士2種筆記試験 平成29年度上期問10の解説を行います。

この問題は、第30講 配線設計 分岐回路の過電流遮断器の設置 の所からの出題です。

過去“分岐回路の電線の許容電流の最小値”について質問していましたが、今回の問題では“分岐回路の過電流遮断器の位置”について質問しています。今後この傾向の問題も出題されると思われますので、復習していただくようお願いします。

<<第30講 分岐回路の過電流遮断器の設置

問10-1

問10-2

類題を用意しました。是非ご活用ください。

問10-3

問10-4

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。