電気工事士2種筆記試験 計算問題の傾向

■電線の電気抵抗は必ず出る

電気工事士2種筆記試験 計算問題の過去11回分の出題傾向を分析しました。

表を見ると、「電線の電気抵抗」「抵抗と誘導性リアクタンスの合成抵抗」「スター結線」「電線の抵抗による電力損失、電圧降下」の出題頻度が多いです。。
計算問題は全項目勉強して頂きたいのですが、上記の部分は特に力を入れて勉強されるとよいです。

また、第1講~第7講は全ての基礎となっておりますので、この部分は必ず勉強してください。

>>>筆記試験対策の項目一覧

出題傾向

🍀電工2種筆記試験 合格ノート(計算問題篇)🍀

■当ホームページの筆記試験対策 第1講から第23講に合格ノートのアウトラインを解説!!
■A4版 モノクロ 全94ページ

800円(税込 送料400円)

 🍀(クリック)★電工2種筆記試験合格ノート計算問題(見本)

ご購入ボタン

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。