電気工事士2種 28年度下期筆記試験から…要注意問題の解説

電気工事士2種 下期筆記試験で出題された問20と問37の配線用遮断器についての問題は、今後出題される可能性がありますので解説していきます。

尚、この問題は平成21年度に出題されて以来久しぶりの出題となっております。

【問20】単相3線式100/200V屋内配線の住宅用分電盤の工事を施工した。不適切なものは?

イ.電灯専用(単相100V)の分岐回路に2極1素子の配線用遮断器を用い、素子のない極に中性線を結線した。

ロ.電熱器(単相100V)の分岐回路に2極2素子の配線用遮断器を取り付けた。

ハ.主開閉器の中性極に銅バーを取り付けた。

二.ルームエアコン(単相200V)の分岐回路に2極1素子の配線用遮断器を取り付けた。

(平成21年度問19と同じ問題)

【答】二. 200Vの回路に2極2素子(2P2E)の配線用遮断器を取り付けなければならず、2極1素子(2P1E)の配線用遮断器を取り付けることはできません。

ここでいう素子は、過電流引きはずし素子即ち、過電流が流れた場合電気の流れを遮断する機能を持つ部品のことを言います。

表にまとめておりますので、参考にして下さい。

%e9%85%8d%e7%b7%9a%e7%94%a8%e9%81%ae%e6%96%ad%e5%99%a8%e3%80%80%e8%a7%a3%e8%aa%ac

【問37】⑦で示す部分に施設してはならない過電流遮断装置は?

イ.2極にヒューズを取り付けたカバーナイフ付ナイフスイッチ

ロ.2極2素子の配線用遮断器

ハ.2極にヒューズを取り付けたカットアウトスイッチ

二.2極1素子の配線用遮断器

28%e5%b9%b4%e4%b8%8b%e6%9c%9f%e5%95%8f37

【答】二.

【問20】と同様、200Vの回路に2極2素子(2P2E)の配線用遮断器を取り付けなければならず、 2極1素子(2P1E)の配線用遮断器を取り付けることはできません。

【問20】が正解すれば【問37】も正解できたという関連性のある問題でした。

過電流引きはずし素子については、こちらのサイトも参考にして下さい。 <<三菱電機サイト

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。