電気工事士1種のお薦めのテキストなど

読者さんから、「電気工事士1種のテキスト類を執筆される予定はありませんか?」という質問を頂きましたが、残念ながら需要が見込めないことと、労力がいることから執筆する予定はありません。

電気工事士1種は2種に比べるとかなり難しく、また実務経験がないと免状がもらえないことから、長期の勉強スケジュールを組まれるのがよろしいかと思います。
もちろん短期で合格する自信がある方は、短期の勉強スケジュールを組まれても構いません。

私が勉強した教材を紹介しておきます。

【筆記試験対策】

■第一種電気工事士受験講座(DVD付) JTEX >>>ご注文ページ

必要な部分が簡潔にまとめられており、例題で内容の理解を確認できるので、勉強しやすいテキストだと思います。
レポート問題で実力が確認できます。

■第一種電気工事士受験講座(DVD・試験セット付) JTEX  >>>ご注文ページ

私が受講したときは無かったのですが、技能試験に対応できるお得なセットです。

■第一種電気工事士項目別過去問題集[筆記試験]  電気書院  >>>ご注文ページ

これはお薦めです。項目別に過去問が分かれているので、学習した箇所の過去問を直ぐに解くことができます。
字も大きく分かりやすいです。

【技能試験対策】

■ひとりで学べる!第一種電気工事士技能試験候補問題マスタ(DVD付) 電気書院

…… 平成30年度版はまだ販売されておりません。

候補問題の材料セットも電気書院さんのものを購入しました。

こちらもまだ販売されておりません。

【特記事項】

電気工事士1種の筆記試験は、合格率が毎年40~42%を推移するように合格点を調整されているようです。

私が受験した平成23年度は見たことない問題が多く出題されたためか、合格点を60点から56点に引き下げたようです。

取れる問題は確実に取るよう心がけるのがよろしいかと思います。

尚、技能試験の合格率は、過去7年で平均67.8%と筆記に比べるとかなり高いので、やはり候補問題をムラなくしっかりやっておけば大丈夫です。

 

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。