第6講 電灯点滅回路

【6】電灯点滅回路

電灯点滅回路は、片切スイッチを入切して、ランプを点滅させる回路です。

以下、片切スイッチをスイッチ、と呼ぶことにします。

次の単線図は、スイッチ“イ”を入切して、

ランプ“イ”を点滅させます。

スイッチ“イ”とランプ“イ”が対応していることに注目します。

電灯点滅回路 単線図

スイッチとランプの関係

まず、単線図の電気が通る道筋を考えます。

道筋を電圧側から追っていくと次のようになります

 スイッチとランプの流れ

 ランプの前にスイッチが来ます。

 ここで、電源→スイッチ→ランプを行きの線路

ランプ→電源を帰りの線路として、

電気が通る道筋を矢印で表すと、次の図のようになります。

電灯点滅回路 単線図

 

※(注)

使用電源は交流電源なので、周期的に電圧の正負が変化します。

電流が流れる方向も電圧の正負によって周期的に変化します。

ここでは正の状態(電圧側を出発点とした状態)において電気の通る道筋を

考えています。

 

電気の通る道筋をもとに複線図を書きます。

まず、電源、ランプレセプタクル、スイッチを配置します。

電灯点滅回路 器具の配置

ここで、片切スイッチを単線→複線図に変換すると、次の図のようになります。

単線図スイッチ 複線図スイッチ

次に、電気の通る道筋の行きの線路①~④(電源L→スイッチ→ランプ)

を黒線で、帰りの線路⑤⑥(ランプ→電源N)を白線で書きます。

但し、③のスイッチのランプへ行く側の線は、②で黒線を使っているので白線になります。

ここで、スイッチへ入る側は必ず黒線が来ることを覚えておいてください。

電灯点滅回路 複線図 電気の流れ

ここで、ランプレセプタクルの結線は次の写真のようになります。

受金側のネジに白線を結線し、反対側に黒線を結線します。

ランプレセプタクル

片切スイッチは、次の図のように固定極側、可動極側のどちら側に

黒線を結線してもよいです。

電灯点滅回路 複線図 電気の流れ

 

ジョイントボックスを書けば、完成です。

電灯点滅回路 複線図

【問題】

次の複線図に白線と黒線で書いてください。

電灯点滅回路 練習問題

 

【答】

電灯点滅回路 練習問題 答

複線図の書き方トップページ▶

◀コンセント回路のページ    複線図の書き方手順のページ▶

電工ストア