第13講 3路スイッチ、4路スイッチ

【13】3路スイッチ、4路スイッチ (電気工事士試験で重要)

特に3路スイッチの問題は電気工事士試験の筆記試験でよく出題されます。

スイッチには、片切スイッチ、3路スイッチ、4路スイッチがあります。

1つの場所で照明を点けたり消したりする時には片切スイッチを、2つの場所から同じ照明を点けたり消したりする時には3路スイッチを、3つ以上の場所から同じ照明を点けたり消したりする時には3路スイッチと4路スイッチを使います。

尚、【6】~【12】で出てきたスイッチは、すべて片切スイッチです。

3路スイッチ、4路スイッチ

各スイッチの図記号を示します。

3路スイッチ、4路スイッチ

片切スイッチの外観は片側に丸や線の印がありますが、3路スイッチと4路スイッチはこの印がありません。

3路スイッチと4路スイッチは、スイッチの右側を押したり左側を押すことによって、電気の通り道が次のように切り替わります。

3路スイッチ、4路スイッチ

2つの場所から同じ照明を点けたり消したりする場合の結線の概略を次に示します。3路スイッチを2つ使います。

電源の電圧側から電気の通る道筋は、電源→3路スイッチ→3路スイッチ→ランプ→電源となります。この時、電源に近い方の3路スイッチをSと表記してあります。

下の図の例では、スイッチSを押すことで電気の通る道が切り替わり、電気が流れてランプが点灯する仕組みになっています。

3路スイッチ

3路スイッチ

次に、3つの場所から同じ照明を点けたり消したりする場合の結線の概略を示します。

3路スイッチを2つと4路スイッチを1つ使います。

電源の電圧側から電気の通る道筋は、電源→3路スイッチ→4路スイッチ→3路スイッチ→ランプ→電源 

となります。この時、電源に近い方の3路スイッチをSと表記してあります。

下の図の例では、4路スイッチを押すと電気の通る道が切り替り、電気が流れてランプが点灯する仕組みになっています。

3路スイッチ、4路スイッチ

3路スイッチ、4路スイッチ

CDでは、2つの場所から同じ照明を点滅させる回路の単線図を複線図に直す説明と、3つの場所から同じ照明を点滅させる回路の単線図を複線図に直す説明を行っております。

お安くなっておりますので、是非この機会にお買い求めください。

2つの場所から同じ照明を点滅させる回路

単線図

3路スイッチ、4路スイッチ 単線図複線図

3路スイッチ、4路スイッチ 複線図3つの場所から同じ照明を点滅させる回路の複線図

単線図

3路スイッチ、4路スイッチ 単線図複線図

3路スイッチ、4路スイッチ 複線図

複線図の書き方トップページ▶

◀パイロットランプ+電灯点滅回路       自動点滅回路▶

電工ストア